記事の詳細

株式会社エフエルシーのグループ企業には、フードサービスやカラオケなど、数多くの種類があります。どの事業も、直接お客様と向き合うサービスです。創業者の大島昇は、お客様に対する感謝の気持ちや謙虚さ、素直な心を持ち、当たり前のことをしっかりと行う社員を求めています。大島昇の誠実な姿勢は、外部のお客様に良い印象を与えています。
これまで株式会社エフエルシーを利用したことが無くても、今後利用することがあるかもしれません。現在株式会社エフエルシーの主力事業として上げられているのが、プレミアムウォーター株式会社のウォーターサーバー事業です。富士の天然水をウォーターサーバーとして販売し、日本全国のお客様に喜んでもらうことが、大島昇の目的だそうです。
株式会社エフエルシーは、2004年に設立された企業です。わずか7人のメンバーで創業され、以後10年を経て、約1000人の従業員を抱えるまでに成長しました。大島昇は代表取締役として、日々多忙な業務に追われているそうです。彼の考える「常に貪欲に行動し、お客様に喜んでもらえることを徹底する」姿勢は、多くの従業員に理解され、その実践のために、しっかりと社員教育が行われているそうです。
どうして、大島昇はウォーターサーバーに力を入れているのでしょうか。彼は、世界中の人々が、日本のおいしい水を飲まれることをイメージされています。江戸の庶民を支えてきた富士山の水は、今もなお、日本中を幸せにしています。「届ける力」の強みを生かして、強いネットワークを構築することが、現在の目標だそうです。

大島昇氏が率いる株式会社エフエルシーは、グループ会社を合わせれば約1,000名もの社員が働いています。従業員は20~30代を中心とし活気ある職場環境なんだそうです。社内には多くの緑が置かれており、常にリフレッシュの出来る環境で業務を行う事ができます。この様な環境になったのは、代表の大島昇氏が常に社員の事を考え、そのアイデアを採用し快適な環境を提供してくれているという事なのでしょう。

そんな大島昇氏がお客様に提供したいと思っている事が、社名の由来にもなっている「四つ葉のクローバー」です。
一般的に四つ葉のクローバーは幸運をもたらすと言われていますね。お水を提供している方々にとっての四つ葉のクローバーのような存在で在りたいと常に願っている事から付けれられた社名なんだそうです。

株式会社エフエルシーでは、水の販売のみではなく携帯電話の販売、カフェや居酒屋・カラオケ店舗など飲食店事業なども大阪を中心に展開しています。セールスプロデュースも行っており、「対面型プロモーション」にこだわり企業の方々に提供しています。クライアントの商品の販売促進などのサポートをしてくれるようです。サポート体制は万全で安心して任せられるようですよ。

株式会社エフエルシー
http://www.flc-inc.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る