記事の詳細

リフォーム会社の営業マンとして働く上村親志は、会社でもトップクラスの売上を記録している敏腕営業マンとして高い評価を得ています。また、リフォーム会社と言えばクレームと言われるくらいクレームが多い業界なのも事実ですが、彼が携わった案件に関しては極端にクレームが少ないことも有名です。ここでは、上村親志という人物について少々お話ししましょう。

■生まれ持った天性の才能
上村親志が何故会社でトップクラスの営業成績を上げることができるのかということに関しては、持って生まれた話術の才能があるからと言えます。彼はとにかく話が上手で、会話のきっかけ作りや広げ方がとてもうまいのです。一般的にリフォームの営業の場合、アポイントが取れていないとまず相手にして貰えることはありませんが、彼の場合は殆どがアポイントのないまま工事受注に繋げてしまうのです。この話術センスはまさに天性の素質と言えるのではないでしょうか。

■提案する天才
彼が顧客から高い評価を得る理由は他にもあります。彼は顧客からリフォーム工事を依頼された場合でも、すぐにその工事の計画を進めようとはしません。まず、本当にその工事が必要なのかどうか、ということを検証することから始めるのです。つまり、検証の結果もっと安くて良い結果に繋がる工事方法があるのならそっちを勧め、無理に高い金額の工事を勧めないということです。少しでも高額な工事を受注しようとする営業マンが多い中、彼のこうした営業方法はまさに異端と言えるでしょう。

■信頼関係で結ばれる
上村親志には殆どクレームの電話など掛かってくることがありません。それは、顧客との信頼関係がしっかりと出来上がってしまうからです。本当に顧客のためになる工事のみを提案し、少しでも安くあげることができるように配慮してくれる彼にクレームなど入れられるものでしょうか。半ば無理に高額工事の契約が取れたとしても、顧客が不満を感じれば即クレームに発展しますが、彼の場合そうしたことはまずないのです。クレームが多い業界の中でこれも凄いことだと言えます。

一般的なリフォーム営業というのはとにかく高額工事の受注をし契約をとることですが、彼は常に顧客満足度を高めるための工事受注を考えています。そのため、工事までにしっかりとカウンセリングも行いますし、本当に必要な工事かどうかを見極めているのです。その結果信頼関係が生まれ、クレームも殆どないという状況が生まれるのでしょうね。

上村親志の会社の営業成績が良い理由とは

ですから上村親志は本人の性格が本当に営業という仕事に活かされているなあと実感できます。特に営業の世界は難しい部分もあり、営業成績が良い人と悪い人の差がはっきりするものですが、上村親志は小さい頃から話が上手くて相手のことを思う気持ちがあったから現在の素晴らしい営業成績に繋がっているのです。営業成績が良い人は必ず聞き上手で様々な話を相手から引き出す能力が長けているのです。

最近では悪徳業者も増えているリフォーム業界で風当たりも強いですが、彼が手がけるリフォームの案件は他の営業マンよりもクレームやミスが極端に少ないということは、相手の要望をしっかり聞いてからリフォームの方法を提案しているので、クレームが少ないのです。これが売り上げのことしか考えていない営業マンだとあれもこれも押し付けて後からクレームが来てしまいます。そうならないためにも自分自身が何をするべきなのかをしっかり理解しているところが上村親志のすごいところでもあります。

このように多くの営業マンが上村親志の仕事への取り組みの方法を理解するべきですし、彼がどのような方法でリフォームをお客様に提案しているのかを理解する必要があります。彼は常に顧客満足度を高めるための工事受注をどのようにするべきかを真剣に考えているので、その考えて素晴らしい営業成績に繋がっていると言っても過言ではありません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る