記事の詳細

ITに関してはさまざまなジャンルがあります。もはや私たちの生活とも欠かすことができないものであり、多くの場面で利用されている様子が伺えますよね。IT業界は順調な形で利益を上げており、多くの会社が立ち上がっている様子が伺えます。
ITに関してですが、会社としても付き合いが欠かせないものです。ソフト制作をお願いしたり、社内のシステムでなんらかのかかわりを持っているといったところも多いことでしょう。ITに関しては外注するのが基本となっており、自社で運用しているケースもありますが、基本的にはIT企業にお願いするといったスタンスの会社が多くみられます。もちろん自社で管理して運用できればもっともベストですが、高い技術力が必要だったり、スタッフが限られているなどさまざまな問題があって難しいのが通例です。

IT業界で今、知名度がぐんぐんあがっているのが株式会社SHTです。株式会社SHTについてすでにご存知の方も多いことでしょう。株式会社SHTは吉原譲治さんが率いる企業であり、ITの多くのジャンルにも貢献しています。吉原譲治さんは代表として株式会社SHTをひっぱており、これまでも多くの仕事をこなしてきました。創業から8年間にわたり見守りつづけた吉原譲治さんはまさしくリーダー格であり、なくてはならない存在となっています。吉原譲治さんあっての、株式会社SHTなのです。吉原譲治さんの偉大さがよくわかりますよね。

株式会社SHTではIT教育の育成についても力を入れている企業です。IT企業といえば、ソフトを提供したり、開発するといったことが普通なイメージを持っている人が多いことでしょう。これも確かにそのとおりです。実際に株式会社SHTでもそうした取り組みを主力としておこなっています。
しかしながら育成についても大事なことです。これほどまで多くのIT機器が導入された今、IT企業に頼りっぱなしではなく、育成することも考えなくてはならない時代になりつつあります。そこでIT教育カリキュラムについても実施しているというわけです。では実際にどういったジャンルのものをやっているのでしょうか。

まずは難易度が高いといわれているサーバー関係です。会社にサーバーを立ち上げているといったところもあることでしょう。最近では多くの企業でシステム関係の部署も設置されていますよね。
サーバー関係に関してもさまざまな資格がありますが、ぜひ取得を検討したいのが「ITIL Version3」となっています。ITIL Version3ですが、業界のデファクトスタンダードとも呼ばれておりITサービスのマネージメントで必須の資格に上げられています。ITに関しては全般を見渡せる人材が不可欠です。そうしたことも踏まえて育成を検討していかなくてはなりません。

ITIL資格については、システム担当者のみならずIT営業職の人も取得するケースが増えています。IT営業についても基本的な技術知識は不可欠です。最近ではよくわからず営業にあたっている人も少なからず見受けられます。こうしたことは、顧客離れの要因になってしまうことも多く、ぜひとも回避したいところです。こうした時代を回避するためにも、会社で研修を実施し、資格を取らせるなどして社員のスキルをアップさせることは欠かせないこととなっています。
ITIL資格ではITILを構成するプロセスとその機能やITサービスマネジメントのグッドプラクティス、サービス、ITILを構成するプロセスとその機能などについて学びます。まさしくITIL全般を学ぶ場というわけです。
また「CompTIA Server+」についても学ぶ場を設けたいところです。CompTIA Server+についてもぜひとも習得しておきたい資格となっています。Server+認定資格とも呼ばれておりPCサーバー上でのインストールや設定から問題解決業務に携わる技術者を対象にした資格となっています。この資格はIT業界でも業界初の認定資格です。こうした資格がある人材がいるとさらにサーバーの運用はスムーズに行うことができます。

また1人ではなく、複数人の人材を育て上げることで、さらにスキルてきにもアップし、もしものときの対策も万全です。サーバーやネットワーキング業務を理解する人材ニーズは広まっています。それこそまさに必須であり、そうした人材を確保したいと考えている企業も増えています。この資格は効率的な輩出を目的として開発されてきた資格です。カリキュラムにも定評があるので、ぜひとも応用したいところです。
サーバーについては運用や管理など多方面の対応が必要となっています。やはり素人では手に負えないジャンルです。そうしたことからあらゆる局面で対応ができる知識やスキルは不可欠であり、ぜひとも習得したい内容となっています。
人材育成も企業にとって大きなテーマです。人材育成をいかに円滑にできるかも大きな課題であり、それに成功した企業は業務もスムーズに行われているケースが多々見受けられます。

業界を支える吉原譲治

インターネットビジネスをメインで行う企業のなかには、社内教育を念頭に置くところが増えてきました。人材不足が嘆かれる業界なので、自社の社員のスキルアップを少しでも行いたいという思いからです。吉原譲治が代表取締役を努める株式会社SHTでは専用のカリキュラムとそれに取り組む環境作りが進んでいます。

吉原譲治は社員一人ひとりを大事にし、それぞれが高い技術を身につけることを望んでいます。そして、それを実現させるために充実した教育環境が整えられています。入社した際にはIT業界初心者やキャリア経験者を対象にしたプログラムに取り組むことになります。実力や経験に合わせたカリキュラムが用意されているので、確実なスキルアップが期待できるでしょう。入社後は専用の勉強室、社内で行われる講義を担当する講師などを中心にして、自身の目標に沿った勉強を学んでいくことができます。教育プログラムを用意している企業のなかでも、ここまでの環境を揃えているところは少ないです。その点で企業として大変に評価できるのではないかと思います。

吉原譲治のもう一つの目的に市場価格の高い技術者を育成することを挙げています。自社で活躍して頂くことはもちろんですが、他の会社に移った場合にも活躍してほしいという願いが込められています。実際にハイレベルなエンジニアを輩出しているようで、しっかりと結果が出ています。業界全体を考えたスケールの大きさは幅広い業界から注目を集めており、これからの活動に期待ができます。

株式会社SHT
http://www.shtech.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る